もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

手間をかけること


丁寧な自炊を意識し始めてから、
新しい発見をすることが多くなりました。

私は作りたいものが決まっていることよりも、
冷蔵庫にあるものを見て考える方が多いです。

こういうときは料理本だけでなく、
クックパッドも頼りになり、
使いたい食材を1つずつ入れて検索するだけで、
作れる料理がヒットするのでとても便利です。

自分の頭にはなかった料理が作れ、
食材を無駄なく使うことができます。


しかし、料理がヒットしても、
一つだけ調味料がないということもありました。

(あーあ、作れないや。)
と、今までの私は思っていましたが、
(もしかしたらこの調味料自分で作れないか?)
と考えるようになり…

ある日はマヨネーズ。
卵とお酢、はちみつなど、素材は揃っていたので、
ミキサーにかけたらすぐできました。
まろやかなマヨネーズが自分で作れちゃった!

ある日は豆板醤。
ずっと前に、楽してインスタントそばを食べたことがあったのですが、
私は辛いのが苦手で、付属の七味唐辛子を冷蔵庫に置いていました。
それが、役立ったのです。
家にあるほかの調味料と合わせたらできちゃった!

今やネットで「○○ 作り方」「○○ 代用」と調べると、
すぐ出てくるので、何でもできるようです。


こうして、
自分で作るという発想がなかったものを
自分の手で作り上げる感動を一度味わうと、
何でも自分で作りたい欲求が芽生えます。

野菜作りはその先駆けかもしれませんが、
それは食べるもの以外にも。

a0356060_09181157.jpg

インテリアです。
姉が見つけてきたかわいいインテリア画像があって、
薄い紙を折って、切って、
簡単にハンドメイドできるというのでマネしてみました。

けれども実はこれ、2作目です。
初めてやったときは紙が小さすぎて
もっと小さいボンボンだったので吊るせませんでした。

なのでこれは、母が見つけたキットで作りました。
キットでも、十分ハンドメイド。
あたたかくてかわいいインテリアは暮らしに潤いを与えます。

a0356060_09181817.jpg

味を占めた私は、
ティッシュケースも作りました。

小さいポケットティッシュ用です。
定期的に役所に来る保険のおばさんがいつもくれて、
やたらたまるのでうまく使えないかと考えていました。

でも、どこに行っても気に入るケースはなかなかなく、
妥協して適当なものを家に置くのもイヤな私です。

そこで、色合いや質感が好きで、
入れ物に使っていた箱を使いました。

元々家にあったものが実はピッタリだったことに気づき、
自分で作れちゃったのでとても満足しました。

それでも箱のサイズは少し大きかったので、
両サイドに、上記1作目の小さいボンボンを詰めています。
ボンボンも無駄にならなくてよかったです。


近くになんでもあると、
買うことが当たり前になっています。

でも、何か欲しいと思ったときに
まずは自分で作れるかを考えてみることも大切です。

だからと言って、
ハンドメイドばかりにこだわるのも大変ですし、
時間とお金と労力がかかりすぎてしまうこともあるでしょう。

きっと、今あるものや容易に手に入るものに
ひと手間加えるという工夫が、
ハンドメイドの意味と感動を大きくするのではないでしょうか。



[PR]
by tsukam_m | 2016-04-13 11:15 | 田舎暮らし | Comments(0)