もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

野菜たちのベット完成!


作付け計画に沿って畝を作っていましたが、
ついに今日、すべての畝が完成しました。

a0356060_13161894.jpg

数にして全部で12。
日当たりを考え、南北に長く作っています。

すでに植えてあるえんどう豆とじゃがいも以外は、
ひもを残したままにしています。

タネ撒きのときに肥料を畝全体にすき込むのですが、
形がまた少し崩れるので、
それまではひもを残してキレイに整えられるようにするためです。


さて、ここで『肥料』について書いてみたいと思います。

野菜作りには肥料をやることが欠かせないようです。
そのタイミングは、
・タネまきや苗の定植時(最初)と、
・その後の生育時(途中)数回で、これを追肥と言います。

この、最初の肥料の撒き方なのですが、
「全層施肥」と「溝施肥」という2つの方法があるそうです。

全層施肥:畝全体にすき込む
溝施肥:タネ・苗を植える場所に掘った溝(穴)に撒く

この2つは根っこへの肥料の効き方が違うので、
植物のどの部分を食べる野菜なのか等で向き不向きがあります。

ただ、「溝施肥」は間違えると根っこが”焼ける”そうなので、
初心者には「全層施肥」がおすすめとのことです。

そんなわけで、
私はマルチをする畝以外、全層施肥します。
※「マルチ」はまた今度説明します^^

聞くところによると、そこまで気にせず適当に撒く方もいるようですが、
せっかく撒く肥料なので、最大限・最適に効いてほしいので、
私の最初の畑は、ちょっと丁寧にやりたいと思います。


いよいよ来週、種撒き第2弾に入り、
本格的に作付けが始まります。


一方、自宅に待機している野菜たちもいます。

a0356060_13162619.jpg

今日、協力隊の野田さんに
バジルとパセリのタネをいただきました。

2つとも、タネから上手く育てるには
専用のポット(セル)と培養土、それに暖かい気温が必要で、
畑に直播きでは難しいようです。

が、私にはそれらの専用道具がないので、
がんばってありもので挑戦してみています。

これまでにもらった苗が入っていたポットと、
堆肥をほどこしてある畑の土。
と、夜は自宅の暖かい温度。

大丈夫でしょうか(笑)

バジルとパセリに申し訳ないですが、
これでも芽が出てくれたら嬉しいです…

芽が出て葉っぱが数枚出たら、
大きな畑に植えてあげるから、
何卒出てきてください。

a0356060_13163067.jpg

さらに、以前から各地でいただいている苗も、
畑に植えるには気温がまだ寒く、早いので、
自宅でぬくぬくしています。

北海道のこの辺り、この時期は、
昼の気温が上がっても、朝晩はまだ一桁です。

トマトやナスなどの野菜の苗は、
寒かったり、霜が降りたらダメになってしまうそうなので、
露地にはまだ植えられません。

十分な気温になる6月まで、
自宅の狭いプランターで待機しています。

待ち遠しいです。


a0356060_13162258.jpg

ちなみに今日、キツネがいたんですよ!
画面中央、向こうを向いていますが、わかりますでしょうか。

さすが北海道ですね。

なんて悠長なことを言ってる場合じゃないかもです。
育てた野菜が食べられませんように…




[PR]
Commented by kazu20160401 at 2016-05-19 19:05
大変お疲れさまでした。農的な生活をバッチリと体験されているのが羨ましくも素晴らしくも見えます。先日のメールアドバイス有難うございました。北海道第三弾昨日応募しました。第一段は落選しつつも再び同人数募集していたので屈辱的でした。運命のイタズラなのか、なかなか上手く行かないものですね。不採用理由が不明で募集内容も曖昧なまま募集を続けるならば怒りの矢は、選考者や役場担当者、市長、知事、住民、そしてメディアを巻き込んで総務省に向かうかもしれません。今回は腕試しではなく、本気で立ち向かう事にしました。
Commented by tsukam_m at 2016-05-20 10:07
> kazu20160401さん
ありがとうございます。今度ブログにも書こうと思いますが、協力隊として農的な生活を実践する意味を、もう少し明確にしたいなと思っている今日この頃です。
不採用理由が不明だとスッキリしませんね。でも、そうした対応も含めてその自治体だと思って、がんばってください。
by tsukam_m | 2016-05-19 14:45 | 農業女子 | Comments(2)