もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


収穫おみくじ!


今日も暑い!収穫日和です。

枝豆には色んな品種があり、タネを買うときとても迷いましたが、私は「大雪みどり」という北海道らしい名前の品種を育てています。
極早生(ごくわせ)と言って早い時期に採れるこの枝豆は、先週初めての収穫を迎えましたが、噂のあれを見つけました。

a0356060_13214364.jpg

根っこについたつぶつぶ、「根粒菌」です。
根粒菌はマメ科の植物の根に付いて空気中の窒素を取り込み、根に養分を与える働きをするそうです。

5月に畑の土起こしをしたとき、以前育てた方がいたのかこのつぶつぶの付いた根が出てきたことがありました。当時は病気だわ!と思っていたのですが、あれは根粒菌だとわかりました。すなわちマメ科の植物ですね。

病気ではなく素晴らしい働きをする根粒菌!勉強になります。


さて、ここからはドキドキワクワクシリーズ!

まずは、
(まだかな…?もういいかな…?もういいよね…?)と収穫のタイミングをうかがっていたとうもろこし。
他の畑の方はまだ採っていないようなのですが、枝豆と同じくとうもろこしも本当にたくさんの品種があり、収穫期がバラバラなのも事実なので、ここは思い切って!試しに一番大きそうなのを採ってみることにしました。

a0356060_13215054.jpg

ひげはもう茶色いし太っています。外見はばっちりです。

a0356060_13215624.jpg

恐る恐る…皮を剥いていきます。すると…

a0356060_13220301.jpg

ひゃー!やったぁー!(^^)!まさにとうもろこし!
まるで矯正された歯のように、ミルキーな黄色の粒がキレイに並んでいました!
実は他の実をちらっと見たところ、虫食いがひどかったので心配していました。
こんなにキレイだなんて、想像以上でビックリです☆あぁよかった…ありがとう!

a0356060_13220852.jpg

お次はこちら、にんじんです。
収穫は10月の予定なのですが、「肩が見え始めたら収穫」とありました。
ほとんどが見えていませんが少し見える株も2つあったので、ちょっと採ってみたいな~と悪魔のささやきが。

a0356060_13221337.jpg

あ、やっぱり早かった。(笑)
先日の台風による大雨で土が削れ肩が出たのもあるかもしれません^^;フライングフライング。

でも、掘っているとあのにんじんらしい匂いがふわっと香り、実はにんじんが好きじゃない私も思わず美味しそうと感じてしまい、嬉しくなりました♪

a0356060_13221804.jpg

さて、こちらは先週試し掘りして収穫適期だったミニごぼうです。
ご覧の通り葉が大きくわっさわっさ元気です。

でも実は…

a0356060_13222283.jpg

葉の裏を返すと、アブラムシが大量!!
ごぼうにこんなにアブラムシが付くなんて知りませんでした。まぁもう収穫なので葉は切ってしまいましょう。

a0356060_13224835.jpg

こうして根っこだけにして、折らないように気を付けながら周りの土を掘っていきます。掘るまでどんな様子かわからないのが根菜類の醍醐味!
(♪何が出るかな 何が出るかな トゥルルルンルン トゥルルルン♪)

a0356060_13225662.jpg

『股割れごぼう』
いやぁ~2本抜きましたが右のはひどい><
にんじんもそうですが、根菜類は土が固いとこうして割れたりよじれた根が発生してしまうのが悲しいところです。これだけ割れると皮を剥いたり加工するのも大変です。
でも、ミニごぼうは一人暮らしにはちょうどいいサイズ感だということはわかりました。もう少し長くてもいいかなと思いますが、土の固いこの畑ではこのままもう少し置いていても割れた根が増え横に伸びていくだけでしょう。また、ごぼうは収穫適期を過ぎるとスが入るので注意です。
少しずつ時期をずらして収穫し様子を見ることにしましょう。

a0356060_14364362.jpg

最後に、大玉トマト~!
あの、冷害にあたって頭が枯れてしまうという悲しいハプニングから始まったものの、やっと!ちゃんとした形の実を成らしてくれました。
病気がちだったわが子も、ようやく立派な大人になって…(/_;)という気持ちで、喜びも一入です。

a0356060_14085863.jpg

そんなわけで、今日はこんな感じです。
収穫時期を見計らうのもだんだん慣れてきて、トマトも雨降り前のキレイな形のものがたくさん採れました。

a0356060_14090325.jpg

そして今日はちょっとしたお掃除もしました。草取りとは別に、お掃除。
枯れた葉や落ち葉、不要な枝葉などを回収し、来期の緑肥として一か所にまとめました。なんだかスッキリ、見た目も風通しもよくなった気がします。

まだまだ畑は続きます。


[PR]
by tsukam_m | 2016-08-30 14:38 | 農業女子 | Comments(2)

自然を見習って


ある夕方、
仕事を早く終えた日に少し走りに行きました。

a0356060_09302770.jpg

空が広い北海道では時折こうした表情が見られます。
一面絵の具を塗ったような美しい夕焼けです。

a0356060_09303106.jpg

まるで燃えているよう。
同じ空を都会で見るには建物が多すぎて、贅沢な風景にうっとりしてしまいました。

a0356060_09303578.jpg

翌日は晴天。
先日の台風を感じさせないとある田んぼは、収穫間近の稲穂が頭を垂れていました。
さすがは米どころ深川で、こうした光景が市内の至るところに見られます。

a0356060_09305335.jpg

稲2株でお茶碗約1杯分のごはんなのだそう。
この田んぼは…果てしないですね。美味しいごはんが採れますように。


あの台風のように、自然には大きな被害と絶望を与えられるときもあるけれど、
自然は、私たちに癒しを与えてくれるときもあります。

人にはある種厄介な”こころ”というものがあるせいで、私なんかはついつい、小さなことでも大きく乱れ、人に迷惑をかけてばかりなのですが、自然はいつも安定して変わらず一定です。
というより、どんな変化も受け入れているという感じがします。同じ瞬間は二度となく、”当たり前”という概念がないからこそなのかもしれません。

どんなことがあっても、心を乱さず落ち着いて思考できる人間になりたい。

最近は、どんなことでも自分に対するシグナルだということも、以前より少しは早く気づけるようになってきた気もします。もちろん、家族や周りの人の支えがあってこそ、感謝です。

a0356060_09305657.jpg

先日、車屋さんに行った時、待ち時間にいただいたアイスコーヒーに粋な計らいがありました。
(かわいい!)
とてもささやかなことだけど、気分がヒュンと跳ね上がる瞬間、これぞ小さな幸せです。
いつもお世話になっているトヨペットさん、ありがとう。


うれしいことは、小さなことでも大いに心を動かして喜びたい!
悲しいことは、大きなことでも落ち着いて自分を見失わないように乗り越えていきたい!

未だ台風の水がひいていない畑があるそうです。
被害を受けた農家の方、どうか…

[PR]
by tsukam_m | 2016-08-29 10:41 | 地域 | Comments(2)

また雨です。このところよく降ります。
地盤が緩んでいる場所は心配ですが、何もないことを祈りつつ、そっと見守って…

今日は試作をしました。

・トマトのクリーム
・枝豆のクリーム
・枝豆のソース3種類

の、前に…

野菜スイーツを作ろうと試みていると、
せっかく野菜を使っているのに一つのスイーツに砂糖やら乳製品やらがたくさん使われているので、糖質オフが気になる私はなんだか気になって仕方がなく、少しでもそれらを減らして美味しいスイーツが作れないかと考えるようになりました。

すると、色々と代用レシピがあるものです。

①卵⇒豆腐
②砂糖⇒ラカントS
③牛乳⇒豆乳、ライスミルク、カシューミルク
④生クリーム⇒豆腐クリーム

今日は低糖質&完全植物性のスイーツにチャレンジするため、まずは代用品をそろえることからスタートです。

①②はそのまま使います。②はスーパーなどで比較的手に入りやすい商品で、2つの天然素材のみでつくられたカロリーゼロで安心の自然派甘味料です。
そして、③のライスミルクとカシューミルクと④は手作りしましょう。

a0356060_15213749.jpg

ライスミルク!白くて本当に牛乳みたい。

a0356060_15214140.jpg

カシューミルク!こちらはもっと白い。ほのかにナッツの香りがします。
これらが牛乳の代わりに使えるなんて、すごいですよね。どんなスイーツになるでしょうか。

a0356060_15214707.jpg

そしてこれは生クリームならぬ豆腐クリーム!
一口食べたら「これはいける!」と思ってしまいました。なめらかなプリンのようでとても美味しいです。

これで準備完了。試しに、簡単な野菜スイーツを作ってみましょう。


a0356060_15215354.jpg

トマトクリームと枝豆クリームです。
これは「トマトのレアチーズケーキ」のレシピを参考にしました。
クリームチーズや生クリームの代わりに豆腐を使うのが特徴です。

冷やして味見をすると、まろやかでとっても美味しかった♪
豆腐の量を調整すれば、野菜の素材の味がより生かせそうです。

乳製品を使わなくても滑らかで美味しいスイーツができた!これから期待できそうです。

a0356060_15215715.jpg

きちゃなくてごめんなさい。これはメモ用に…
枝豆ソース3種類を作って味見しましたが、どれも違った味で面白かったです。
左からライスミルク・カシューミルク・豆乳を使ったもので、かすかな味の違いと、口当たりの違いがありました。
アイスやスイーツにかけるにはライスミルクが一番いいねということに。カシューミルクもナッツの香りがあってよかったです。豆乳は、色々な代用に豆腐を使っているので、豆腐感が強くなるようです。

3種類の代用ミルクの違いを知るにはいい実験になりました。


より健康的に美味しいものを食べたい。食べてもらいたい。
これからこれらを使って、色々なスイーツを作ってみたいと思います♪



[PR]
by tsukam_m | 2016-08-26 16:08 | 料理研究 | Comments(4)

北海道!収穫まっさかり


雨も上がり晴天2日目。
畑が乾くにはまだ少し時間がかかるけど、収穫を待っている野菜がたくさんいます。

野菜の収穫は、よく晴れて土が乾いているときがよい野菜もあり、じゃがいもや玉ねぎはそうした仲間です。土が湿っているときに収穫すると、病原菌が侵入し痛みやすくなるらしいのです。

週末にかけてまた雨だというので、今のうちにまとめて収穫してしまいましょう!


a0356060_15560077.jpg

枝豆~♪先日試し採りをして食べてみたのですが、実も太って美味しく食べられたので、全体の半分を収穫しました。
残り半分は時期をずらして植えているので、もう少し置いておきます。

枝豆は根を引っこ抜いてからが時間がかかりました(笑)枝からさやをとるのにかれこれ30分くらい(*‘∀‘)それだけたくさん採れたということで、M寸くらいのビニール袋がいっぱいになりました。

a0356060_15560655.jpg

これは一体何だかわかりますか?

枯れに枯れ、収穫適期うんぬんじゃないんじゃないかと思ってしまうじゃがいも・アンデスレッドです。
じゃがいもは葉が黄色く枯れたら収穫時期ですが、この大雨でどこの畑も同じような状態になっていました。
みんな同じなら大丈夫♪とばかりに、楽しい楽しい芋ほりです。

ここで余談ですが、関東?で「芋ほり」というとさつまいもほりであり、「芋」とはさつまいものことを指します。
でも北海道では「芋」と言うとさつまいもでなく、じゃがいものことなのだそうです。
私としてはどうしても「芋」と聞くと、そのまま焼いて食べる系の土っぽい芋をイメージしてしまって…ところ変われば、面白いですね。

a0356060_15561143.jpg

掘ってみると3株からこれだけ採れました。
アンデスレッドはその名の通り赤いじゃがいもで、私は初めて見たのでとても新鮮です。赤いのは皮だけで中身は普通に白そうです。

全部で30個ですが、大きいものがある株は数が少なく、小さいものばかりの株は数がたくさんできていたので、総量としてはどの株も同じくらいです。
土や水などの自然条件、与えた肥料による栄養の条件が同じだけありますね。

a0356060_15561605.jpg

ただ、深くにできていたじゃがいもに虫食いのような痕があるものがありました。
先日の台風による長雨で長く水に浸かってしまうことにより、じゃがいもも腐ることがあると聞きました。これはどうなのでしょうか?
でもそんなにひどくないので、あまり気にしなくてもよさそうです。

a0356060_15562140.jpg

玉ねぎは収穫後、そのまま土の上か風通しの良い場所で半日~2,3日ほど乾かすのだそうです。実は昨日引っこ抜いていたので、雨予報の明日に備えて持って帰ってもう少し乾かします。

それより!玉ねぎは20株も植えたのに…まともに(それすら微妙ですが)育ったのがこれだけ><
Mサイズ2株、Sサイズ1株、SSSサイズ2株。
しかも、玉ねぎこそ台風で浸水した影響で、菌が入り腐っているように思えます。素人の私でもわかる、真ん中の玉ねぎです。

玉ねぎは長期保存もできるし、色々な試作・料理に使えるのに本当に残念です。

a0356060_15563444.jpg

と!思っていたら!!
なんとお向かいの畑のおじさんが「今日たくさん採ったんだよ」と立派な玉ねぎを分けてくださいました\(^^)/紫の玉ねぎまで♪
悲しいなと思っていたタイミングで、本当にうれしかったです。
ありがとうおじさん!

a0356060_15563873.jpg

そしてこれは何でしょう。

a0356060_15564353.jpg

これを見てもわからないかもしれませんが、ミニごぼうです。
種まきから100日程度が収穫の目安で、今日は98日目。ごぼうは収穫が遅れるとスが入ってしまって美味しくなくなるというので、試しに1本抜いてみました。

a0356060_15564649.jpg

「ミニ」だけあって短いですね。でも、太くて立派です。
先っぽだけぬめっと腐ってしまっていたのですが、見た感じ他は問題なさそうです。
あとは切ってみてどうかですね。明日の試作で使いましょう。

a0356060_15565005.jpg

本日の収穫です。大漁だ~!
枝豆はさやを採ってかごに集約しましたが、本当に重かった…何よりです。

a0356060_16534321.jpg

そして今日は…

手袋に穴が開いているのを見つけました。
なんだか嬉しかった。

ゴム手袋は薄いとよく破けるものの、布手袋はそうそう破けません。
それだけやってきたんだなぁ…なんてしみじみ。北海道の短い夏も終わりかけにお役御免です。

ありがとう、手袋!(もうちょっと使うけどね)

[PR]
by tsukam_m | 2016-08-25 16:59 | 農業女子 | Comments(2)

昨日、8月23日午後2時半ごろ、
深川市納内(おさむない)付近で石狩川が氾濫しました。

付近には民家や田畑があり、浸水・水没が免れず…道内道外、各地域で被害が出ています。連続して到来した台風の影響は、去った後でも油断できないことを思い知らされました。

各メディアでは全国的に報道されていますが、一連の台風では市役所の自治防災室を始め、関係者は本当に忙しく、慌ただしく働いていらっしゃいました。それだけでもことの大きさを感じさせられたものです。

深川の被害も納内だけはないし、報道されない様々な場所で大きく、小さくあると思います。
被害に遭われた方のお気持ちが思いやられ、北見市では14haの玉ねぎとビートの畑が全滅してしまったという農家さんのむなしい表情を見て涙が出そうになりました…

”農地は選べないから”

ある農家さんの言葉が心に沁みました。

a0356060_13474729.jpg

変わって、今日は久々の晴天です。
畑作業が終わった後、氾濫した石狩川の様子を見に行ってみました。

a0356060_13475415.jpg

普段あまり気に留めて見ていない私でもわかるくらい、水位が高かったです。
木を見ると幹の半分は埋もれています。
さらに流れも早く、いつもと全く違いました。


色んなものが流されて、たくさんのものを無くした人もいれば、たくさんのものが届いた人もいるのでしょう…

本当に、天災・自然災害はあなどれません。

こういう時、被害に遭われた農家さんを何らかの形で応援したいと思うもので、改めて、農家という仕事に尊敬を覚えます。
がんばれ!!




[PR]
by tsukam_m | 2016-08-24 14:33 | 地域 | Comments(2)

583/1095


*この度の台風で被害を受けられた方には心からお見舞いを申し上げます。*

台風に気を取られている間に、オリンピックが終わっていました。
SMAPも解散決定。キムタクがハワイから帰ってきただけでニュースに。
色んなことに大騒ぎで、気づけば8月も後半です。

本当に、早いなぁと感じます。
それだけ充実しているということなのでしょうか。

協力隊としての深川での生活は、お陰様で1年半を過ぎました。
ご縁あってここに来て今の仕事に就き、これからどうするか、なんてすべて自分次第です。

色んな事情や感情があっても、すべてひっくるめて自分次第。
協力隊という仕事は、将来の自分の進路に直結する仕事で、もしかすると仕事を越えた”生き方”であって、毎日が先を見据えた選択に溢れています。

それは時に辛く、迷いや葛藤も決して少なくありません。
与えられた役割を果たしていればいいわけでもなく、役割を見出せない、あるいはその果たし方がわからない場合もあったり、目の前のことをやみくもにやることが将来を保障するとも限らない。

時間が経つのは本当に早い。

協力隊という仕事は、良くも悪くも自由なのです。
ですから、可能性は無限大。


協力隊に限らず、「人は何でも思った通りになる」と信じているのが近年の私です。
心から信じる良いことも、どこかで不安に思っている悪いことも、短期的にも長期的にもすべてその通りになってきているような気がして、その結果今の私は、すべて思った通りの私だと感じています。

仕事としては、企画初年の今年は手探りにもほどがあるほどで、挑戦・失敗を繰り返す試行錯誤の質も低いと思えます。方向性すら探しながら、見つかったと思えばまたブレたり。自分で十分に納得できなければ進めない性格なのです。

確かに、一人でやるには限界があることも事実ですが、私はまだまだその限界に達していないので、自分の中で納得できるものを見つけたら、まだまだやれる!という自信は持っています。

早くその答えを見つけたい。

残り512日、私の進む道!

自然相手で残り1シーズンしかないのはとても厳しいスケジュールですが、短い時間でも自分にできることを一生懸命追及していければいいと思います。

a0356060_13303268.jpg



[PR]
by tsukam_m | 2016-08-23 13:39 | コラム | Comments(2)

台風7号は序の口だった


現在発生している3つの台風。
北海道には今日その1つが上陸し、深川も大雨の予報なので、朝早く畑に出てやれることをやって来ました。

この土日もその前の台風の影響で、各地で川が氾濫したりしかけたり、警報や避難指示でスマホのけたたましいアラーム音が鳴り続けましたが、被害が相次いでいるようです。
畑から役所に戻ると、職場のみなさんは農業被害の調査で朝から騒がしく、昨日も駆け回っていたようで地域に被害が出ていることが悲しくも予想されます。

土曜日は用事で和寒町に行ったのですが、
深川から幌加内経由の山道を通ると、すぐそばの川がもう周りの土地と同じ水位に達しそうな勢いでとてもビックリしました。
前日の深夜にたくさん雨が降ったらしく、ここはもう少し降ったら危ないなあと思っていたら…夜にはその地域が孤立状態になったと聞きました。

夕方には浸水している畑も見たし、心もとなく、なんとも悲しい気持ちで…
今日、明日、この台風の影響が少しでも小さいことを祈ります。


私の畑にもこの土日の影響を見に行くと、

a0356060_10002648.jpg

トマトがあぁ…
雨降りの前はある程度採っておかないと落ちると思っていましたが、赤い実は限られるのでそこまで採れておらず、やはりたくさん落ちてしまっていました。

a0356060_10003150.jpg

かき集めるとこんなにいっぱい。
ハートトマトまで><あぁ悲しい。

a0356060_10003631.jpg

げ!!カビ?!
でもこれ、どさくさに紛れて食べられてないか?( 一一)

a0356060_10003999.jpg

と思ったら、楽しみにしていた第1号の赤い唐辛子まで('Д')
辛いのに、唐辛子が食べられるなんて思ってなかった~

a0356060_10004409.jpg

ひゃっ!パプリカまで!
色づく前の肉厚のピーマンみたいな状態でやられました。誰だ?!!;;

a0356060_10005045.jpg

こちらは台風の影響でしょう。
枝豆が一部ぶわっとなぎ倒され畝肌が見えていました。突風でしょうか。
まさかここにキツネやタヌキがどーんと寝ころんだわけではないでしょう。

でもなんだかこのおかげでさやが見えやすくなり(笑)、
前々から枝豆の収穫時期の見定めに悩んでいましたが、思い切って1株抜いてみる勇気が出ました。

a0356060_10005420.jpg

一番最初に植えたものです。実の太り具合は十分だと思います。
時期をずらして植えていますが、半分はそのまま残して大豆にするので、今回収穫したお試し分が固く行き過ぎているようなら、同じ時期に植えた他のものは大豆として残してもいいですね。

a0356060_10455467.jpg


今日は変なきゅうりが採れました。糸で何箇所か縛られたようです^^;


こんな小さな畑でも、
台風など、変えることのできない天候=自然と付き合うのは本当に大変だと痛感される毎日です。


[PR]
by tsukam_m | 2016-08-22 10:42 | 農業女子 | Comments(2)

整理整頓、お片付け


甲子園が盛り上がっていますね。
広~い北海道は、東京と同じく代表が2枠あります。その北北海道の代表を、なんと深川のクラーク国際高校が勝ち取り、甲子園出場を果たしました!

残念ながら12日(金)の初戦で敗退してしまいましたが、
地元出身でない私も思わず応援してしまうくらい深川を大いに盛り上げてくれたと思います。
こうしたことが地域を元気にすることにもつながるんだなと、感心しました。

a0356060_13331827.jpg

”ヒグマ打線”という戦略で、別の学校でかつて敏腕をふるっていたという佐々木監督が率いて、選手の皆さんが昨日市役所を訪問されました。
みなさん真っ黒に焼けていて、とても凛々しかったです。ありがとう!


さて、台風は明けましたが前線が停滞しているとかで、今日はどんより曇り空。
畑作業のしやすい涼しい朝でした。
しかし、今日に限ってものすごく眠くだるい…珍しいなぁなぜだろう…
それでもぼーっと出勤しました。畑に着いて、作業を始めるとなぜだか身体がノッてきます。

やっぱり私は農が好き。

なんて改めて思いながら、役目を終えたえんどう豆の撤去を行いました。

a0356060_13332302.jpg

見事にカサカサに枯れていて扱いやすかったです。
でも、最近北海道で起こった”マダニ”による死亡事故も気になります。
山や木々がたくさん生い茂っている場所や、こうしたボーボーの畑でも注意が必要です。

畑で作業するときは、暑くてもできるだけ肌の露出を控えるのが鉄則ですね。

そして、えんどう豆に使っていた支柱を再利用し、台風で倒れたトマトを保護しようと試みたのですが…

a0356060_13332783.jpg

うあぁ…ミスった…('Д')これはたぶん私の仕業です…

昨日まで、いや、さっきまで無事、無傷で倒れていただけだったのに、2本仕立てにした2つの枝が裂けてしまいました…。片方の枝だけ引き寄せたからだ…
嗚呼、時間を巻き戻したい。

a0356060_13333128.jpg

それでもとりあえず、倒れていたすべてのトマトの支柱を強化しました。
鈴なりになったミディトマトは相当重そうですが、なんとかまっすぐに戻し一安心です。

まわりはジャングルのようですね^^;
左は枝豆、右奥はかぼちゃ、右手前はさつまいもです。
枝豆は高く茂るし、かぼちゃもさつまいもも予想以上につるを伸ばしてしまって、もう少し間隔をあけるなり、配置に工夫が必要だったと来年度の学びになりました。

今年はもう仕方ないので、少しでもキレイに整理整頓することにします。
雑草はあればあるだけ、病害虫や病気の発生を促してしまうそうなので、畑はできるだけキレイに保つことが必要です。

雑草が目立ったら、必ず抜いてあげましょう!
雨上がりのこんな天気には土が適度に湿っていて、雑草も抜きやすく草取り日和です。

a0356060_13335618.jpg

すべての通路と畝でこれだけ取れました。
スポスポ抜けて気持ちいい♪

見た目のひどい状態は脱しても、野菜の苗自体にも無駄な葉(役目を終えたそこまで必要のない葉)があるそうで、剪定の感じで適度に取り除いてあげると風通しもよくなり、病気や病害虫を防ぐことにつながるそうです。

何事も整理整頓ですね(*´▽`*)あースッキリした!


[PR]
by tsukam_m | 2016-08-19 14:20 | 農業女子 | Comments(2)

嵐が過ぎ去った跡


心配が現実になってしまいました。

a0356060_14131727.jpg

台風7号の影響で、畑が荒れてしまいました。
一番心配していたとうもろこしは倒れていましたが、1本だけだったので不幸中の幸いです。

a0356060_14132194.jpg

2番目に心配していたトマトは…ひどかったです。
大玉・中玉・ミニトマトすべてが支柱ごとななめ45度に傾いていて、簡単に戻そうとしてもふとした風でまた倒れてしまいます。

実がたくさん付いて重いのでしょう。でも、茎は折れていなかったのでなんとか立て直せます。これまた不幸中の幸い。

a0356060_14132547.jpg

わかりにくいですが、いんげんもまたななめに傾いてしまいました。
茂みの中にあるなすをさらに圧迫してしまい、絡みに絡まったつるが重くてなかなか大変です。

a0356060_14133096.jpg

そして、レタスだけ逆方向に傾いていました。必死に抵抗した結果でしょうか?

ちなみにこのサニーレタスは「クリスマスツリー」と呼んでいましたが、どうやら単純な「とう立ち」のようです^^;苦笑

「とう(薹)立ち」とは、花が咲く茎が育ってしまうことで、野菜によっては花を咲かせるエネルギーを使うことにより食べる部分(葉や根)が美味しくなくなってしまうものがあるらしいのです。

レタスの場合は高温でとう立ちするようなのですが、すぐ隣に植えていたレタスはそうならなかったので、苗によっても微妙な違いがあるように思います。

まぁ、なってしまったものは仕方ないし、葉の見た目は変わらないので、やわらかそうなところをちぎって食べたいと思います。


台風の影響はやっぱりありましたが、修復可能な範囲でまだよかったです。
深川全体でも、大きな被害はなかったと聞いていますが、北海道の他の地域では大変なところもあった様子で…
農家さんの心境が思いやられます。

がんばれ!農家さん!

[PR]
by tsukam_m | 2016-08-18 14:31 | 農業女子 | Comments(0)

台風が近づいています。
北海道では23年ぶりの上陸となるらしいのですが、
北海道ってそんなに来ないんだなぁとビックリな気持ちです。

でも、実際こんな時畑はどうすればいいのか、
背の高い野菜の支柱を強化する以外思いつかず…結局何もしていません。

最大風速12mの予報で、職場の人に聞いても、周りも何もしてないし大丈夫だよ!とのこと。とうもろこしが倒れないことを祈ります。

何より、生産農家さんの畑に大きな被害が出ませんように><


さて、一番初めの種まきから3か月が経ち、
私の畑で収穫できた野菜は16種類にのぼりました。

小松菜やラディッシュなど、株ごと抜いてキレイさっぱり収穫できる一度きりのものもあれば、実だけ採って枝葉を残し、収穫を数回続けるものもあります。

後者の野菜でトップバッターとなったえんどう豆は、8月1日の少し遅めの初採りから、今日終わりを迎えています。

a0356060_11434652.jpg

役目を終え、枝葉が黄色く枯れていました。
さやを抜いて1回1kg×2回の収穫があった彼らは随分頑張ってくれたと思います。

少し残っていたさやも一緒に枯れていますが…
実は桜先生の本にこんな情報がありました。

”えんどう豆は自家採種ができる”

ええ、この黄色く枯れたえんどう豆たちを、来年の種として採っておこう!

a0356060_11434900.jpg

最後のさやを収穫し中を覗くと、小さめで白っぽい固そうな豆が出てきました。
中には普通に見えるものもちらほらありましたが、これらは陰干しで乾燥させて使うのだそうです。

a0356060_11435243.jpg

全部で234粒。
植えたときは1か所3粒撒きましたが、発芽率はよかったので、来年もこのまま植えたら3~4倍になっちゃいます。豊作すぎますね。
ただ、この豆すべてが使える種かはわからないので、半分使えたとしても今年の倍の面積は植えられそうです。

いよいよ自分の大きな畑が欲しくなってきました^^;


ともあれ、大きく育ってくれたえんどう豆の苗たちですが、台風が去ったら撤去しようと思います。たっくさんの美味しさと来年に続くタネまでもらい、ありがとうの嵐です。

ありがとう!ありがとう!また来年(^^)/~~~


[PR]
by tsukam_m | 2016-08-17 15:16 | 農業女子 | Comments(0)