もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


秋めいて


空気が冷たくなりました。
今朝、自宅の窓は結露しており、秋が来たと思えば冬がもうすぐそこに来ているようです。

畑もすっかり寂しくなりました。
枯れた夏野菜を片付け始めるのと同時に、この時期から始まる秋野菜もあります。
大阪のホームセンターでは秋からの野菜の苗も売られていて、北海道ではこの時期もう家庭菜園自体ほとんど終わり(というか不可能)なのにととても驚いたものです。
私は出身の本州では野菜作りをしたことがないので、北海道がスタンダードになってしまっています。

さて、私の畑ももうそろそろ数えるくらいになってきまして、今日は残りの楽しみの一つをついに収穫しました。

a0356060_15420245.jpg

大豆です。
大豆は収穫してから少し乾燥させておくそうで、このように立てておくことを「しまだて」と言います。
以前和寒の農家さんでお手伝いしたことがあり、今回も役に立ちました♪
でもやっぱり量が少ないし不揃いでやりにくかったですが、これでしばらくおいたらさやの中の大豆を取り出そうと思います。

a0356060_15420539.jpg

人参も収穫しました。
土がよくないため、ブサイクばかりだと思っていたので、まっすぐ素直な子が出てきたときはものすんごくうれしかったです♪(右・真ん中)
ちょっぴり細目だけどそれでもうれしい!

a0356060_15420901.jpg

化け物か!((+_+))いやぁ~ひどいです(恥)
そうです。確率的に言えばやっぱり不細工ばかりなのでした。

まだ他にも時期をずらして植えた分が残っているので、もう少し楽しめそうです。


[PR]
by tsukam_m | 2016-09-30 16:15 | 農業女子 | Comments(0)

ただいま


少し遅い夏休みを大阪の実家で過ごしました。
飛行機を降りた瞬間、もわっとした空気に(相変わらずだー…)なんて思いながら、慣れた気候・地域、変わらない母や叔父に癒され、あっという間の1週間でした。

しばらく空けた半農女子農園。
大阪では至るところで背丈の高いオクラを見て、ところ変われば(育てる人が違えば?)全然違うなぁと思ったのですが、北海道はもう寒いので夏野菜はもう終わってるかもと、ドキドキしながら見に行きました。

a0356060_15220419.jpg

最初に目についたのはよく茂ったサツマイモです。
つるボケでないことを祈りますが、行く前は緑色だった葉が一部紫に変わっていました。これはどういうことなのか?わかりませんが、元気はなくはなさそうです。
収穫は来月、楽しみです♪

a0356060_15222518.jpg

そして、やっとパプリカが色づいてきました。
2週間前に最初に採れたものは大きな虫食いがあって、キレイなパプリカは初めてです。

a0356060_15225120.jpg

市販のパプリカは韓国産のものが多いと聞きます。
それと比べて…だいたい同じでしょうか?結構肉厚で立派にできていると思います^^

a0356060_15392641.jpg

今日採れたピーマンはこれまでとは打って変わって虫食いだらけでした。
ある農業会報誌で、シーズン終わりの野菜は虫がよくつくと読んだことがあり、本当にその通りでビックリしました。
今日の深川の最高気温は23℃。それくらい涼しくなっている北海道はすっかり秋で、夏野菜は旬を過ぎ味も落ちているのでしょう。季節が外れてきています。

a0356060_15452394.jpg

残していたごぼうも掘ってしまいましょう。
と思ったら、一月前に初めて採ったものよりだいぶ深く立派になって、掘っても掘っても抜けない><嬉しい悲鳴です。
土の固さは変わらないので曲がったりくねったり色々なところに根を伸ばしていましたが、直径3cmくらいの太い根は比較的まっすぐ伸びていました。
合計4本の全長を撮り忘れましたが、ミニごぼうの栽培もまた一つ学べた気がします。

a0356060_15504586.jpg

にんじんは10月に入ってからと聞いていましたが、見えていた肩の直径が大きかったので、我慢できず掘ってしまいました。すると、割れているではありませんか!これは大きくなりすぎたのです。
もうよかったんだ~と思ってとりあえず3本。写真真ん中は成功にんじん♪右は惜しいにんじん!見た目こそ初めての苦い出来だけれど、食べたら一緒~♪なんつって。この調子でまだまだたくさん掘れそうです。

a0356060_16003816.jpg

畑の帰りに、馬カフェPoco a Pocoに立ち寄りました。
本当は今日はお休みなのですが、特別に開けていただいてm(__)m奥様が先日お出かけされた際に見つけたという珍しいものをいただいたのです。

なんと!「大根とりんご」のジャム!Σ(・ω・ノ)ノ!

私が色々と試作しているのをご存じで、お気遣いいただきました。とてもありがたく、うれしかったです(/_;)
こちらは札幌のお店だそうで、各地で色んなことをしているなぁと思い、きっと私が何を考えても世の中ではすでに存在しているのだろうなと思われ、

なおさら、後先ずっと先を考えすぎず気軽に思いついたわくわく楽しいことをやってみよう!と思います。もうそれしかない!

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-26 16:15 | 農業女子 | Comments(1)

一人、畑で、黙々と作業しながら聞いていた今朝のラジオ。
聞きましたよ♪十勝ガールズ農場!
リポーターの女性が取材に行ったというお話で、自分が知っているガールズの様子や、その目標を改めて聞けたことで、またまた刺激を受けました。
表には見えない色々なことがあるだろうけど、がんばっている同世代の女性に勇気をもらえます。

そんな中、夏野菜の収穫もほとんど終わろうとしている畑で今日は何をしていたかと言うと…

a0356060_13123511.jpg

やっぱり、やられたんです。1本だけ残していたとうもろこし。早くも残した翌日にやられていました。しかも今までにないくらいこんなにキレイに。

a0356060_13123072.jpg

倒してまで!

ということで、こうして役目を終えた野菜たちの片づけを中心に今日は畑のお掃除をしました。

a0356060_15010786.jpg

きゅうりは最盛期を越え、病気にかかってカラカラになっているものの、新しい花もまだ2~3あります。トマトは台風の風で茎が折れたり裂けたりして弱ってしまったようにも見え、色づかない実がまだ残っている状況です。ピーマンは少しスローダウンしたものの、まだまだ実が成りそうで、パプリカは肉厚の実が何個もできてからまだ一つも色づかないまま、これからなのにもう寒いけど大丈夫?という感じです。とうがらしも同じく。オクラはあと1~2本かな!なすはもう終わり。

a0356060_15034187.jpg

そして、大豆はだいぶ黄色くなって枯れてきました。10月に入ったら刈り取れるかなと思っています。味噌を手作りしてみたいです。(1年かかるそうですが^^)

a0356060_15051779.jpg

さつまいもも、植えた当初は指すだけのこんな不安定な植え方で大丈夫なんか?と不安でしたが、ちゃんと根付いて茂ってくれて、立派なものです。肥料が多い時に起こる「つるぼけ」には注意しましたが、あとはきちんと芋が成ってくれているか、10月が楽しみです。

a0356060_15064555.jpg

そして、にんじん。なんせ土の中は見えないので、茂る葉を見るとまだかまだかという感じです。目安としては10月頃に収穫だそうですが、お隣のベテランさんも植えていらっしゃるので同じくらいに採ろうと思っています。

a0356060_15082743.jpg

かぼちゃは4つ採ったあと、小さな実が数個付いているのですが、今でこんなに小さかったらもう大きくならないだろうなぁという気がしてきました。若いまま終わってしまってもったいないですが、きっともっとつるを整枝したら違う結果になったかもしれません。でも、坊ちゃんはこんな感じでいいのかも?
実はそうでなくてもうどんこ病で不作だと思います。^^;まぁ今年は初めてだし4つで満足しましょう!

a0356060_15111038.jpg

ごぼうも少し残しています。葉は元気なのでもう少し置いておいても大丈夫そうです。

a0356060_15134184.jpg

先週新たに植えてみた聖護院蕪は早くも芽を出してくれました。


半農女子農園の野菜も、数えるほどになっています。


[PR]
by tsukam_m | 2016-09-15 15:21 | 農業女子 | Comments(2)

小学生の芋ほり体験


昨日は、市内の小学校の「芋ほり体験」があるということで見学してきました。
対象は4年生2クラスで40人くらい?いつも思いますが、本当に少なくてビックリします。

a0356060_10263024.jpg

農業センターの畑を借りて子どもたちが自身で植えたというじゃがいも。
収穫は親御さんも一緒にお手伝いできるそうで、たくさんのお母さん方もいらしていました。職員に聞くと、「子どもたちだけでやるには人数が足りないから」とのこと。確かにそうですよね。

a0356060_10263732.jpg

農業センターの方で茎や葉は切ったそうです。確かに収穫作業はその方がやりやすいと思いますが、長い期間、生育過程のすべてを見せることができなくても、じゃがいもはこうやってできているんだよというありのままの形をできるだけたくさん見せてあげられたらいいのにと感じます。

アジの開きがあの形のまま海で泳いでいると勘違いしている子どももいる世の中ですから。

a0356060_10264201.jpg

一人一畝、10mくらいの範囲があたっていました。品種はキタアカリだそうです。
私のじゃがいもは8月頭に採れたので、少し遅い収穫に感じましたが、品種によって違うのでしょうか。

a0356060_10264653.jpg

作業を始めてしばらくすると小ぶりのじゃがいもがたくさん。台風や雨続きの影響で腐った芋も多かったそうです。
初めに市の職員から腐った芋があるので注意してと言う旨の説明があったようで、部分的に緑に変色したものを見つけては放り出す子がいました。

「じゃがいもは太陽の光に当たるとそこだけ緑になっちゃうんだよ。でも、全部じゃないからよく取り除けばキレイなところは食べられるかもしれないよ。」
と教えてあげると、
「そしたらお母さんとおばあちゃんに任せるね。」と言って、料理をするときの親御さんの判断に任せようと、放っていた芋を戻して袋に入れ始めました。

他にもたくさんの子どもが、じゃがいもをポンポン投げている様子があちこちで見られ、こういう時こそ食育なのになぁと感じてしまいました。何を目的にこうした体験をさせるかはとても大事だと思います。

a0356060_10265071.jpg

大きな袋にたくさん入って、大漁だったようです。

子どもたちはこの体験でどのような感想を持ったでしょう。





[PR]
by tsukam_m | 2016-09-14 11:12 | 地域 | Comments(0)

久しぶりの市内イベント


10日土曜日、久しぶりにイベントのお手伝いに行きました。
深川市はそばの作付け面積が全国2位ということで、「ふかがわ新そばフェスタ」が開催されたのですが、あいにく結構な雨に見舞われて寒い一日でした。

私は野菜の詰め放題コーナーにいて、10時の開始直後はたくさんの方が行列を作ったものの、1時間ほどすると大雨もありお客さんはまばらに。それでもかぼちゃ、じゃがいも、パプリカ、玉ねぎは完売しました。他にも色々なお店が出され、新そばを中心に地元の食べ物や野菜・特産品が売られていました。

そして、お昼は色々な方が差し入れを下さいました。

a0356060_09070643.jpg

特に印象的だったのは、経済部の次長がくださった「そばがき」。
初めて見聞きした食べ物に興味津々でいただきましたが、和スイーツのジャンルに入るのでしょうか。そば粉をお湯で溶いたものだそうで、食べたことのないお味に出会いました。

古くからある”甘味”のようですが、そう考えるとお客さんも年齢層が高いように見え、

a0356060_09070953.jpg

イベントが始まる時刻より前に、そば大福の無料配布に並んだ人々を見ても、おじちゃんおばちゃんが多くて思わず撮ってしまいました(*'ω'*)

地方は一足先に…といった感じでしょうか。
今回のイベントでは思わぬ気づきが色々とあり、特に「無料配布」の集客力はハンパないと感じました。

若い人を集めるのは難しいですね。

…でも、本当に難しいでしょうか?


[PR]
by tsukam_m | 2016-09-13 10:08 | 地域 | Comments(1)

腹ペコの仕業


北海道はすっかり寒くなりました。
先週末から秋の空気で、今朝10時の時点でもこの辺りは12℃だったそうです。
寒っ。

やっぱり早いなぁ…
去年の今頃はもう少し暖かかった気がしますが、暑い夏が一気に冷え込んだようで、北海道の季節の移り変わりは本当に早くまだ慣れません。

4日ぶりに畑に行くと、野菜もなんだか「そろそろ限界です」と言わんばかりに勢いがなくなってきたように見えました。もう終わってしまうのでしょうか、短い夏でした。

そして!なんと!
そんな短い夏の終わりにも関わらず…最後の成りと思われていた果実たちの様相が、台風でもないのに大きく変わっていたのです。

a0356060_12560989.jpg

ショーック!!誰かに食べられてる( ゚Д゚)
実は私の畑の中でもナスはあまり上手にできず、数えるほどしか収穫できなかったのですが、もう最後かと思われる果実が無残な形でうなだれていました…楽しみに大事に育てていたのに><

a0356060_12563542.jpg

さらにとうもろこしまで食べられているのを発見!結構派手にいっています><
まさか…

a0356060_12561304.jpg

これも(;゚Д゚)

a0356060_12563182.jpg

これも(;゚Д゚)!

a0356060_12562821.jpg

これもー(;゚Д゚)!!

残していた株のほとんどが食べられてしまいました。しかも上の方だけとか1/4だけとか、ちょっとずつです。本数減らして1本丸々食べてくれた方がましです。農家さんの気持ちがちょぴっとだけわかる気がしましたm(__)m

a0356060_12562306.jpg

元々今日収穫を予定していたとうもろこしだったのですが、一足遅かったです。
でも、食べられたのは一部なので実はまだある!ということで、残されたものを収穫し、株を抜いてキレイにしました。
1本だけまだ小さかったのでとりあえず置いておきます。どうか誰も食べないでください。

a0356060_12561889.jpg

一仕事終え振り返ると、なんと大事に温めていた大玉トマトも食べられていました(/_;)私の目の高さくらいに成っていたのに、鳥の仕業でしょうか。でも鳥らしき歯形には見えませんよね…誰か登った?…とにかく残念です。


ハンター女子に聞くと、犯人像が浮かび上がって来ました。
茶色い毛で、目がクリッとして、しっぽがフサフサでポンポンの…

そう、アライグマ( 一一)
おなかいっぱいになったでしょうね。そりゃようござんした。

こうした被害が一度に訪れただただ「やられた~」と思うばかりですが、季節としてはもう夏野菜は終わりの時期に来ています。
よく頑張ってくれました。最後まで見守りたいと思います。

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-12 13:51 | 農業女子 | Comments(4)

坊っちゃん!


6月6日から3か月。
大好きなあなたを、ずっと待っていました。

a0356060_14440397.jpg

やっと獲れたんですー♡坊ちゃんかぼちゃ!
初心者には育てやすい普通のかぼちゃより小さなサイズのかぼちゃです。

私の人生でたった一度の農業体験実習はかぼちゃの町。大規模農家さんの立派なかぼちゃ畑をたくさん見てきました。小さな苗の時から、大きく葉を茂らせて長くつるを伸ばし、実をつけ何キロにもなるまで、プロのもとでお手伝いをした経験がとてもステキな思い出となり…
初めて自分で作るこの坊ちゃんへの期待や思い入れも深まっていて。

自分で育てて見ると、初心者向けとしてほとんど放っておいていいとは言っても、葉はうどんこ病にかかってしまったようだし、つるは一度の摘心でもどんどん伸びて訳が分からないし、このままで大丈夫かと不安でした。
それでも、とりあえず実はつけてくれて、よかったです。

一番難しかったのが、収穫のタイミングの見定めでした。
「花が咲いてから40日程度」という目安があるのですが、困ったことに花が咲いたタイミングを書き留めておらず><
他の目安として「ヘタがコルク状になったら」とあったので、当初は
(なるほど、コルク状ね、オッケー)なんて思っていましたが、青っぽさもなくなり見た目にもそろそろいいんじゃないかと思い始めたころ、
(コルク状ってなんだ?)と、よく考えたらよくわからないことが判明して(笑)、急いでネットで検索したらその画像が出てきました。

すると、「コルク状」とは黄色い筋が出ている状態のことだそうで、私の坊ちゃんはもうたくさん黄色い筋が出ていたので、信じて収穫しました!

ここでもまた思い出していました。
プロの農家さんは、大きな太いヘタをバシッと切れる専用のかぼちゃバサミを使っていたのですが、もちろん私は持っていないので小さなハサミでヘタの上の方を切り、
(これじゃ本当はだめなんだよ~ちゃんと根元まで切らなきゃ)
なんて商品をつくるプロのような気持ちに(笑)
当時は大したこともしていないのに、知ったようなフリしちゃって自分でも笑えます。

でも、第1回目の収穫は無事に3つ獲れました。
かぼちゃは採れたてを味わう野菜とは違って、何週間か置いて熟成させると甘みを増し美味しくなる野菜です。
しばらく保管しておきましょう。楽しみ楽しみ。

a0356060_15195100.jpg

他にも、今日の収穫はたくさんの夏野菜です。
雨降りの多い最近はトマトが割れてしまってもったいない限りです。
もちろん割れても食べられますが、すぐに食べないと腐りやすくて><

ところでここでのご注目は!真ん中あたりにある白っぽくて小さな丸いものです。これは何でしょう?

一見フウセンカズラですよね!
実は、移住者のステキな先輩のご自宅に伺った際にたまたまいただいたもので、”食べるフウセンカズラ(だったかな?)”だそうです。
袋のようなこの皮を開けると、中にはマイクロトマトのような小さく透き通ったオレンジの実が入っていて、食べると甘い!野菜とフルーツの間のようなお味です♪

正式名称はわかりませんが、こんなに珍しい野菜?は初めてで、とても嬉しかったです。ありがとうございます。


最近妙に、思わぬ場所で元気をもらっています。

畑で野菜が順調に育ち、無事収穫できることもうれしいのですが、人がかけて下さる言葉には、野菜から得られない喜びがあると感じられます。

前出の移住者のステキな先輩。
昨年お仕事を通じてご家族と知り合い、その人となりに生き方を感じたりして、憧れや尊敬にも近い気持ちを持っています。
先日、用事があってちょこっとお会いした際に、ブログのことに触れていただき、移住者としての色々な気持ちにも共感していただいたりして、とてもありがたく…

また、昨日も果樹協会の視察研修で偶然再会したステキな農業女子の農家さん。今年2月に初めてお会いしそれ以来でしたが、SNSでつながっていてブログを読んでくださっていて…

このブログには私の活動のすべてが詰まっています。
少しでも、読んでくださった方がかけてくれる何気ない言葉が本当にうれしい…
ここまで感じられるのは、私の中にある種の不安や孤独感があるからこそだと自覚していますが、遠くにいても理解してくださる人がいることがありがたいです。

本当に、ありがとうございます。

この気持ちを力に変えて、地道に頑張ります☆

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-07 16:25 | 農業女子 | Comments(5)

理論と実践


a0356060_10420637.jpg

♪ごぼう3兄弟~♪

初めて作ったミニごぼう。何せ初めてなので、どれくらいの長さ・形が正解なのかわからなかったのですが、おそらくこの次男(真ん中)がもう少しだけ長ければ優等生だったかもしれません。タネが入っていた袋の絵に彼が一番似ているからです(笑)

先日ささがきにしてかき揚げで食べてみました。
かき揚げ自体初挑戦で油の量や鍋の大きさ、作るかき揚げのサイズのミスマッチがあって揚がり具合は若干失敗したものの、香りはものすごく良くてとても美味しかったです。下手すると土臭いごぼうですがそんなことはなく、独特の風味がちゃんと味わえ、嬉しくなりました。

でもやはり、こんな形の窮屈そうな3兄弟を見ると、なおさら土づくりに念を入れたくなります。
土は大事。
長年勉強していらっしゃる方でも、土や堆肥づくりというのはとても苦労しているし、長い年月がかかるものなので、私も少しでも早く始めてみたいなと思っています。

a0356060_10420902.jpg

これはアブラムシだらけのとうもろこし。
外側の皮を1枚めくるとこんなにもたくさんたかっているのです。

でも、ある農業関連の会報誌にはこんなことが載っていました。
”虫食い野菜は無農薬の証ではありません。”
”不眠不休で野菜を食べ続ける虫は害虫ではなく、人体にとって猛毒である亜硫酸態窒素を含んだ野菜だから食べてくれている大切なお虫様だったのです。そのことがわかってやっと完全無農薬、無化学肥料で、見栄えが良く、収穫量があり、美しくて美味しく安全なニンジンが完成したのでした。”

初めて聞いた発想だったのでとても衝撃でしたが、なるほど…と感心しました。
そうした考えに立って畑に向き合ってもいいかもしれません。

a0356060_10421572.jpg

動物だけは防ぎようがないですけれどね((+_+))

色んな場所に眠っている新たな情報と、自分の畑での実践で、知らなかったことが証明されていくのは面白いです。農業は時間がかかるもので、すぐに答えが出るものでないからなお面白いと思います。

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-05 11:15 | 農業女子 | Comments(0)

野菜が野菜を助ける


ふと見上げるとトンボだらけ。トンボ大量発生。
昨日の空は気持ち悪いほどトンボがいっぱい飛んでいて、思わず目を見張りました。

a0356060_15284810.jpg

すると今日は畑にも。見事に整列していました。
まるで満車のパーキングエリアのようにみんな場所の取り合いで、空いたらすぐ入る、挙句の果てには追い出し横取り。
夏なのでしょうか、秋なのでしょうか。わからないけどなんだか風流でした。

さて、今日はとうもろこしの片づけをしました。
というのも、とうもろこしの収穫は基本的に1株に1本。採ってしまえばその株にはもう実が成らないので、採った株から順番にひっこ抜いていきます。

a0356060_15285565.jpg

放っておいてもよいのでしょうが、根元付近にかぼちゃが伸びてきているのでスペースをあけてやれればいいなと思い、さっさと片付けちゃいます。

a0356060_15290042.jpg

7本の株を撤収しました。
実はこの写真の向こう側に見切れているのは、これまでに終わったえんどう豆の苗や、芽かき・剪定・収穫などで排除した様々な野菜の枝葉、虫食いで腐った果実などの山です。

これらは緑肥として土に返したいと思い、まとめて乾燥させているのですが、とうもろこしはあえて別の場所にしました。
なぜでしょう?

a0356060_15290631.jpg

正解はすぐお隣のベテランさんの畑にありました。

とうもろこしは病気が少ないそうで、お役が終わった後の株は抜いてカラカラに乾かしてしまえば、「敷きわら」、つまりマルチとして使うことができるのだそうです!

スマホ片手に調べた瞬間目の前にその例があったのでものすごく納得です。
ベテランさんのこの敷きわらが登場したのはごく最近で、なんだろうと思っていたのですが、成長して伸びてきた長ネギが地上に出て緑色になるの防いでいるのですね。

やはり勉強になります。きっとベテランさんはもっともっともーっと、すごいことを知っているに違いない(*'▽')

肥料も農作業用具も、お金を払えば何でもそろう世の中ですが、こうして知恵を使うことは自然にも財布にもいいですね!

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-02 16:19 | 農業女子 | Comments(1)

知らぬ間に9月に入りました。
このところ自然災害の多い北海道ですが、私を取り巻く状況にもある種の転機が訪れ、目標が定まりつつあり気持ちを新たにしている今日この頃です。

さて、ようやく安定して採れるようになってきたミニトマト・中玉トマト。
これらもまた「乾燥(ドライ)野菜」に加工してみることにしました。

a0356060_08582280.jpg

コンパニオンプランツのバジルと、とうがらしも一緒です。
この2つは完全に乾燥させますが、トマトはセミドライにしてそのままお料理に使います。

a0356060_08582768.jpg

2~3日置いていたのでドライに近いセミドライといった感じですが、最も驚いたのが…
匂い!ものすーっごく甘いのなんの!
触るとまるで砂糖でコーティングされたかのようなベトベト感があり、食べていないにも関わらず、トマトそのものに甘い成分がこれほどあるんだとビックリ感動しました。

トマトの栽培では、いかにして甘くするかという裏技がよく言われたりします。
塩水をやるとか、肥料を控えめにするとか、色々やってみたかったけど結局十分にやれず…なのにこの甘~い香り!

ドライってすごい!

今度は調理したものを詳しく載せたいと思います。お味のレポートとともに(*‘∀‘)

[PR]
by tsukam_m | 2016-09-01 09:20 | 料理研究 | Comments(1)