もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

麹の世界


日本の発酵文化の源、麹(こうじ)。
蒸した米などに麹菌を繁殖させたものです。

a0356060_15250027.jpg


一時ブームになった塩麹(しおこうじ)は聞いたことがあると思いますが、麹は日本古来の発酵食品である醤油・味噌・酢などを作るのに欠かせないタネとなっています。

ちなみに麹菌は、日本の国菌にも指定されているそうですよ(そんなのあるの知らなかった…!)。

a0356060_15250129.jpg


昨日はその麹について学びました。
麹にはたくさんの酵素やビタミンがあり、発酵食品のタネとしてだけでなく、野菜やお肉などを漬け込む漬床として、炒めものの調味料として、ドレッシングとしてなど、その使い方にも様々なバリエーションがあることがわかりました。

a0356060_15250291.jpg


それはそれは絶品でどれも美味しかったです‼︎

a0356060_15250297.jpg


さらに、今日はその麹を使った甘酒についても学びました。

a0356060_15250336.jpg


ちょうど昨日のNHKあさイチで取り上げられたらしいですが、どんな栄養ドリンクよりも甘酒こそスーパー栄養満点!だとわかりました^^

a0356060_15250471.jpg


こちらも飲むだけでなく、漬床や調味料にも使えるし、フルーツ甘酒という飲み方もあって本当に美味しかったです。

a0356060_15250589.jpg


微生物、菌、発酵、酵素。

美容や健康、生き生きと生きる秘訣がいっぱい詰まった4日間でした♡
[PR]
# by tsukam_m | 2016-12-06 15:18 | 自然とカラダ | Comments(0)

味噌をつくる


a0356060_09261045.jpg


初めてづくしの毎日、昨日は味噌を作りました。

a0356060_09261192.jpg


醤油より味噌の方が少しは知っていたかもしれません(^-^)白味噌、赤味噌、合わせ味噌ってよく見聞きしますよね。

a0356060_09261258.jpg


でも、実際に作ってみると何からどのように出来ているのか目で見てわかるだけでなく、匂いや触った感触、五感で感じられるのがまた新しい発見でした。

a0356060_09261392.jpg


生の米麹と蒸した大豆が合わさったときの芳醇な香り。今まで知らなかったなんて…本当に素晴らしかったです!


日本の伝統的な調味料はすべて発酵食品であり、それゆえ日本は発酵大国と呼ばれているそうです。

これらはすべて「麹」を使って作られているのですが、麹は日本にしかないんですって!

本当の食育は伝統的な食事を伝えていくことだと聞いたことがあります。
醤油や味噌、麹の素晴らしさを学んでいくとつくづくそう思います。

[PR]
# by tsukam_m | 2016-12-05 09:13 | 自然とカラダ | Comments(4)

醤油をつくる


農と食、自然に関心のある私は、
それらを紐解くヒントを見つけました。

"発酵"です。

a0356060_14065192.jpg


発酵を知る第一歩として、今日は「醤油教室」に行ってきました。

a0356060_14065221.jpg


醤油って何からできているの?
日本人としては子どもの頃からずっと食べてきた醤油ですが、これまで考えたことがありませんでした…^^;

a0356060_14065385.jpg


醤油には本当にたくさんの種類があるのですね。濃口・淡口・白・たまりなど、味比べしてもどれがどれか当てることができませんでしたが、味の違いがわかります。

a0356060_14065376.jpg


中でも一番驚いたのは、一際甘い醤油があって明らかに他と異なるもの。純粋な醤油はシンプルに「大豆、小麦、塩」で作られるのですが、この甘い醤油、実はスーパーでよく見る大量生産の醤油で、「脱脂加工大豆、砂糖、ぶどう糖加糖液糖、アルコール」など、添加物で作られたものでした。

a0356060_14065463.jpg


菌や微生物がつくる発酵食品にはごまかしがありません。今日仕込んだ醤油は、半年かかって発酵し醤油となります。

でも、生き物なので、上手く作るには菌が腐敗に向かわないように注意を払いながら、丁寧に手入れする必要があります。
また、同じ材料でも各家庭によって味が変わるんですって!その家にある菌が違うからです。私の醤油はどんな味になるか、とても楽しみです。
[PR]
# by tsukam_m | 2016-12-03 13:53 | 自然とカラダ | Comments(0)

発酵デビュー


ご無沙汰しております。

最近はもっぱら、小さな記事でささっと更新できるSNSに頼ってしまいブログが滞っていましたが、よく考えたらブログでも小さな記事でいいじゃん!と思ったので、これからは小さくても載せていきたいと思います。
今回はちょっとだけ、SNSより少し詳しく載せています。


さて、「飲む点滴」って知っていますか?

a0356060_08510078.jpg

甘酒」のことなんです。

自然栽培の米麹と玄米を使い、「玄米甘酒」を作ってみました。
(本物の甘酒ってこういう味なんだ…!)
米の糖分が醸し出す自然な甘みがとても優しいです。

a0356060_08510282.jpg

これが米麹です。
イベントに参加するため最近よく行くAGT(あじと)で購入しました。
AGTは札幌にある自然食カフェで、自然栽培や有機栽培、無農薬の野菜や加工品なども取り揃えており、素材にこだわったほんものに出会える素敵な場所です。

a0356060_08510147.jpg

同じく玄米もAGTで購入した「DXあすなろ米」を使いました。
一日浸水した後、多めの水を入れておかゆモードで焚き、米麹を混ぜて60℃くらいで10時間発酵させて出来上がりです。

甘酒は栄養価が高く、飲む点滴と言われているそうですが、市販のものの中には大量生産とコスト、効率のためになんちゃって発酵している(添加物で発酵を早まらせ、その分足りない味をごまかす砂糖を入れている)ものがよく見られます。
これは本当に「飲む点滴」でしょうか?

自然な食べものは身体に染み渡っていきます。長い時間かけて発酵した玄米甘酒は絶品でした♡





[PR]
# by tsukam_m | 2016-12-01 08:45 | 自然とカラダ | Comments(0)

越冬かぶ!?


ご無沙汰しております。
毎日続けようと思っていたブログが、滞っておりましたm(__)mゴメンナサイ

メニエールになって以来、病は気からという気もしてアンテナは伸ばしっぱなしにしていたのですが、
なぜだかこんな時に限って、求めていた情報が数珠つなぎのように入る入る!勢いに乗り外へ出て、色々な方にお会いしておりました。

その甲斐あって、来年の企画が固まりそうです^^
体調も気にならなくなりました。ご心配くださった皆さま、ありがとうございましたm(__)m

a0356060_16234676.jpg

11月4日、金曜日。
(わー積もった~♪また粉砂糖の季節が来たなぁ♡)
なんて、朝からルンルン歩いて通勤したのもつかの間。

a0356060_16234752.jpg

土日もシンシン、どころかバンバンに降り続け、市民農園の舗道は車も入れない状態にまで積もってしまいました。
まだ畑の片づけしていないのにー!しかもまだ収穫してない!かぶ!(◎_◎;)
様子を見に行こうと思い(面白半分)、30cmくらいの高さの雪をずぼずぼ歩いて進みました。

a0356060_16234722.jpg

わー積もった~♪というテンションにはなりませんでした。
まさに、「まだ片付けていません」と言わんばかりのシルエットで、意地でも残していたパプリカと唐辛子はもうなんだかわからない枯れ木になる始末。わかりやすいというか恥ずかしいというか、なんていうか。
とにかく見事に積もったものです。11月初めなのによく降りました。

a0356060_16234844.jpg

他の区画はこんな感じ。というより、
誰も踏み入れていない積もりたての雪景色は素晴らしく、息をのみました。

このあとかぶの埋まっているところを少し掘って無事を確認!もう一度雪をかぶせ、翌日準備を整えて出直すことに。

a0356060_16234985.jpg

今朝。昨日掘ったかぶに近寄ると、明らかに私の足跡ではない足跡がありました。
(かわいい♪)
足跡はかわいいけど野菜を食べられたらいやだ。笑 きっとまだ食べられるものを探しているのですね。

a0356060_16235094.jpg

出ました!これぞ越冬キャベツならぬ「越冬かぶ」^^;
野菜を雪の下に埋めて保存する越冬野菜は、より甘みが増しておいしいといいますよね、ちぢみほうれん草とか♪
でも本来は収穫してから雪に埋めるので、このかぶはなんちゃって越冬野菜です。

さらにはこのかぶ、種をまくのが遅れてしまって、9月7日にまいたもの…(/ω\)雪国ではない本州ではまだ余裕な時期ですがここでは違います。
十分に大きくなるだろうかと一抹の不安を覚えつつ、ほぼ確信犯的に植えてしまい、いざ引っこ抜いてみると

a0356060_16235191.jpg



しかも、これ、「聖護院かぶら」です。笑
完全にやってしまいました。

聖護院かぶらは、京都でも有名な千枚漬けになる大~きなかぶ!
信じられないくらいちっさく、悲しかったです。それとも元から一口サイズのかぶだったかしら?うん、きっとそうだ!
でも、無農薬なので葉っぱも安心して食べられます。

一つ驚きだったのは、
大根など同じアブラナ科の野菜は、春にはあんなに虫がついて穴だらけだったのに、今回のかぶは全然ついていません。
そりゃこんなに寒ければ虫もいないさと思いましたが、こんな興味深いお話を聞いたのです。

『自然栽培』で農業をされている北海道ニセコ・LaLaLaファームの服部吉弘さん曰く、「肥料を与えると虫が出る」。

他でも聞いたことがあったのですが、無農薬・無肥料という自然栽培を生業として実践されている方に直接聞いたお話は本当に目からウロコで、すべて「自然をお手本に」し、「自然の摂理に沿って」考えることからこうしたメカニズムに気づくことができたのだそうです。

この『自然栽培』のお話は本当に感動的なので、また別の記事で改めて載せたいと思いますが、実はこのかぶも、肥料をあげていなかったのです。
この畑は5月に全面、堆肥と肥料をあげていました。けれども後からまいたこのかぶの部分だけ、畑の土の上に、プランターに使っていた土をごそっと乗せたので、違う種類の土になっていたのでした。

服部さんに教えていただいた「微生物が豊富な土」というわけではないので、完全な自然栽培ではありませんが、私が良かれと思って作っていた元々の土とは明らかに違うので、虫がつかなかったことと少なからず何か関係がありそうです。

『自然栽培』の話をすると本当にわくわくします♪
また別の記事で(^^)

a0356060_16235281.jpg

片付け損ねていた黒いビニールマルチも回収して(恥)、今シーズンは終わりです。
雪国の畑では本当は、雪の降る前に一度土を起こしておくとよいそうですよ。そうすると、春先に起こすときに起こしやすいとか。土の中の微生物の仕組みだと思います^^


初めてのマイ畑。
最後はドタバタして不十分な終わり方だったけど…

お世話になりました。ありがとうm(__)m
また来年もよろしくね!

[PR]
# by tsukam_m | 2016-11-08 16:20 | 農業女子 | Comments(2)