もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

ノーサイドブレーキ深川


深川の雪のシーズンは、11月中頃から始まります。
最初は、降っては溶けを繰り返し、
だんだんと冬が深まると、溶けなくなった雪が積もっていきます。

これを根雪というそうです。
そこから3月いっぱいくらいまでが雪のシーズンです。

最高気温は-2℃くらいが平均で、
私は最低-15℃まで経験しました。
人生で初めて鼻毛が凍った朝でした。

a0356060_13300413.jpg

STAR WARSもビックリ。な
つららです。
ある朝ベランダの頭上から生えていました。

こうしてみると、そこどんだけ寒いのー
と思うかもしれませんが、意外や意外、
雪国の屋内の暖かさは、本州の冬より快適な部分があります。

確かに外はキリッとした寒さ。-○℃の数字に間違いありませんが、
その分建物は相当暖かい造りをしているのでしょうか、
やはり雪国は冬の生活への備えが充実しています。

習慣としても、暖房は強弱をつけながら常時つけているため、
むしろ本州より暖かいのです。

引越し当時大家さんに聞いたことがあります。
「本州から来た人の方が灯油を使わずに、
こたつだけで我慢して、ムリして寒さに耐えてるみたい。」

なんとなく、わかります。
私も当初、
(え、留守中もずっと暖房つけとくの…?)
と灯油代におびえていましたが、
つけたり消したりすると余計灯油を消費したり、
寒くなって水道が凍ったりして生活に支障をきたすようです。

気になる一冬の灯油代は、本州の夏の冷房代くらいでした。
こちらは夏に冷房がいらない分、年間の生活費は本州と変わらない結果に。

わからないものですね。



そんな深川は時折、氷の世界を見せてくれます。

私も1年でだいぶ慣れたようで、
2回目の冬はちょっとのことではうんともすんとも言いません。


a0356060_13302565.jpg

なんということでしょう。
ウロコ状にコーティングされた魚のようなボディ。



いや、さすがにビックリしました!
うんともすんとも言いました。

珍しく雪ではなく、朝から雨の日に屋外駐車場に停め、
寒くなった夕方に戻ると見事に変身。
雪まじりの雨が急激に冷やされ、全面凍ったようです。


a0356060_13301194.jpg

こういうガラス、ありますよね。
前が全く見えません。

触ってみるとツルツル。
見た目はゼリーのようで、正直キレイでしたが、
エンジンをかけ、ガリガリしながら温まってようやく前が見えました。


a0356060_15191878.jpg

ガリガリにはこれを使いました。
「スノーブラシ」
赴任当時の上司からいただいたのですが、
雪国の車には毎日活躍する必須アイテムです。

冬、外に駐車していると、一日で何十センチと雪が積もります。
車に乗る前は必ず「雪下ろし」からスタートです。



冬は雪っ♪だけではなく、
凍結に注意ということを学びました。

実はこれも、さっき理解したばかりなのですが、
北海道に来てすぐ、とても驚いたことがもうひとつあります。


サイドブレーキをかけない。


最初は、たまたま一緒に乗った人だけかと思いました。
けれどもやっぱり、誰もかけない。

聞くとみなさん口をそろえて、
「なんでサイドブレーキなんかかけるの?常識でしょ」
と言わんばかりに、かける方がおかしいと仰せられました。

調べるとどうやら、サイドブレーキも凍ることがあるようです。

なるほど…

今日までずっとかけ続け、
運よく一度も凍っていないサイドブレーカーの私ですが、
今日からどうしようか。

クセになったら本州に帰ったとき怖い。と思いつつ、
郷に入っては郷に従え?


地域に根付いた習慣には生活の工夫がいたるところにあり、
わけがちゃんとあるのだと感じました。

[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-23 17:16 | 雪国の生活 | Comments(0)

ドライブと深川


お天気の日は気持ちがいいです。
白い季節は特にまぶしい。
思わず外へ出かけたくなります。

a0356060_09164001.jpg

そんな日はドライブに行こう!

深川はどこへ行くにも比較的アクセスのよい場所にあります。

a0356060_09582935.png
ここ。

北海道第一・第二の都市、札幌・旭川に近い場所です。

でも、北海道のスケールはとにかくデカイのです。
地図ではよく、北海道は北海道だけで見ますよね。
本州の距離感と違うので、
馴染みの地域と等倍で比較しつつ見ましょう。

ともあれ、深川からのドライブは色々な場所が楽しめます。

まずはコンビニへ。

a0356060_10501432.jpg

ご存知ですか?「セイコーマート」!略してセイコマ。
北海道ローカルのコンビニです。
わりと安くて、他のコンビニにはないような独自商品があり、真新しい。
地域に密着したローカル感が私は好きです。


a0356060_10413855.jpg

走り始めてまもなく、間近に雪山が現れました。
白い雪に覆われて、尾根がくっきり。思わず見入ってしまいます。


…いや、どうも写真では伝えきれません。
というより私のカメラ女子力がない…

そんなわけで、少しでも雪国ドライブの臨場感を。どうぞ▼



私はこれまで、季節を気にすることなく、
いつでもどこでも好きなタイミングで出かけていました。

しかし、ここ雪国では冬の交通事情がガラリと変わります。

降雪・積雪の状況や気温の変化により、
視界が悪くなったり、路面がツルツルになったり、
通行止めになったり、運休・欠航、茶飯事です。


いつでもどこでも行ける。
そんな便利が当たり前だった私には、
最初はものすごく驚きで、
読めない交通事情に振り回され、疲れることもありました。

でも、便利に埋もれていたこと、
それが贅沢だということを思い知らされたのです。


天気は自然。
自然とともに生きる。
自然のおかげで生きている。

だって太陽が出なかったら今のとおり生活できないんだから。

そう思うと、お天気の日のお出かけってありがたい。


[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-22 11:54 | 田舎暮らし | Comments(0)

限定な深川


今朝はステキなプレゼントをいただきました。

a0356060_09055680.jpg


「カツゲン」は北海道でしか売っていない乳酸菌飲料で、
販売60年の歴史を持つロングセラーなんだとか。

「ソフトカツゲン」もあり、
それを濃くしたのが「あのころのカツゲン」!
期間限定で大人気のようです。

それではさっそく、

a0356060_11413608.jpg

ごくごく。ふむふむ。
うーん。なるほど…


… あのころか!!


ヤクルトを濃ゆ~くしたようなミルキーな味わいです。
ごちそうさまでした。


a0356060_09501777.jpg


北海道限定といえばこちらも有名です。

(♪リボンッナッポリン♪)

めちゃ甘系の炭酸「リボンナポリン」。
CMも流れているのですぐ覚えました。

なんと販売100周年を超えているそうです。
歴史を感じる色ですね。


a0356060_12044961.jpg

販売元のキャンペーンで、
下敷きや自由帳までありました。

北海道のご当地キャラクターが集合しています。


a0356060_13261569.jpg

米自慢の深川は「こめッち」。
シンプル is ベストな、ご当地キャラクターのイメージを覆すかわいさです。


ご当地、限定。
郷土愛を感じます。


[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-19 13:56 | ご当地 | Comments(2)

サラサラな深川


「吹雪」には動詞があるって知っていましたか?
私は知らなかったです(恥)。

最近よく「吹雪いています」。

a0356060_13295712.jpg

こんな日は雪が目に入ります。
でも、傘をさす人はほとんどいません。

雪がサラサラだからのようです。

たしかにはたくと落ちますが、
多少濡れる…ので気になりつつも、
浮くのでやめました。

さようなら、傘。

a0356060_13504603.jpg

先日この子を作ったときも、ビックリしたんです。

(あれ…雪だるまってこんなに難しかったっけ?)

丸まらないんです。

千葉や大阪でも作ったことがあります。
ちょっと雪をつかんで丸めて、
それを地面に置いてくるくる押していけば、はい完成!

でしたが、
…なかなか大きくならない。


!!


サラサラだからだ…!!(感動)


(感動したけど結局この子は大きくなりませんでした)


[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-18 14:30 | 雪国の生活 | Comments(0)

白!しろ!shiro!深川



飛行機を降りたのは1年前。
あれは、まっ白の季節でした。

はじめは見るものすべてにえらく感動したものです。

a0356060_09412551.jpg

今日も変わらず美しい
まるで粉砂糖をはたいたような山。
仕事中でもうっとりします。


家の近くは、

a0356060_09433246.jpg

胸の高さまでありました。
間近で見ると小麦粉をはたいたよう。


なーんて「キレイごと」ばっかり言っちゃって。

地元の人々には、
「わぁ~(感動)♪」はあまりないようです。



雪国の生活に欠かせない 「除雪・排雪」。
それはまさに重労働で、
-10℃でも汗ダラダラのおばさんを見ました。

a0356060_09481700.jpg

道路には背が高く大きな除雪機と、雪を運ぶ大型トラックが走ります。
大雪の日は深夜3時でも重機の音が聞こえてきます。
寒いのに…頭が下がりますね。

a0356060_09475766.jpg

追いやった雪はこうして一定の場所に積み上げられます。
こういうとき、北海道弁では「積まさる」というらしいです。
ex ) ふいにボタン押しちゃった!→「押ささる」

a0356060_09480293.jpg

これは市役所正面の駐車場ですが、
もうひとつ庁舎が建ったのかと思うくらい巨大な雪のかたまり。
少しひいて見ると、

a0356060_09481033.jpg

わかるでしょうか。車の倍くらいの高さです。

それくらい、たくさんの雪が降り、
たくさんの重労働、たくさんの絶景が
生まれているのです。



深川の冬は一面 白。
冬にまぶしいーって感覚を味わうなんて、その神々しさたるや。


[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-17 13:41 | 雪国の生活 | Comments(0)