もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

地方に住む。それだけでいい。そこから何かが生まれてくる。


by tsukam_m
プロフィールを見る
画像一覧

白!しろ!shiro!深川



飛行機を降りたのは1年前。
あれは、まっ白の季節でした。

はじめは見るものすべてにえらく感動したものです。

a0356060_09412551.jpg

今日も変わらず美しい
まるで粉砂糖をはたいたような山。
仕事中でもうっとりします。


家の近くは、

a0356060_09433246.jpg

胸の高さまでありました。
間近で見ると小麦粉をはたいたよう。


なーんて「キレイごと」ばっかり言っちゃって。

地元の人々には、
「わぁ~(感動)♪」はあまりないようです。



雪国の生活に欠かせない 「除雪・排雪」。
それはまさに重労働で、
-10℃でも汗ダラダラのおばさんを見ました。

a0356060_09481700.jpg

道路には背が高く大きな除雪機と、雪を運ぶ大型トラックが走ります。
大雪の日は深夜3時でも重機の音が聞こえてきます。
寒いのに…頭が下がりますね。

a0356060_09475766.jpg

追いやった雪はこうして一定の場所に積み上げられます。
こういうとき、北海道弁では「積まさる」というらしいです。
ex ) ふいにボタン押しちゃった!→「押ささる」

a0356060_09480293.jpg

これは市役所正面の駐車場ですが、
もうひとつ庁舎が建ったのかと思うくらい巨大な雪のかたまり。
少しひいて見ると、

a0356060_09481033.jpg

わかるでしょうか。車の倍くらいの高さです。

それくらい、たくさんの雪が降り、
たくさんの重労働、たくさんの絶景が
生まれているのです。



深川の冬は一面 白。
冬にまぶしいーって感覚を味わうなんて、その神々しさたるや。


[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-17 13:41 | 雪国の生活 | Comments(0)

はじめまして深川



北海道。


いま、新幹線で何かと盛り上がっている北の大地は、


とてつもなく広いです。


住んだことのない人にはなかなかその実感が湧きません。


札幌からおよそ100km。

=東京から前橋や甲府くらいの距離。

=大阪から津とか彦根くらいの距離。


北海道の真ん中あたりに


あります。



「深川市」





私は25才で仕事を辞め、大阪からこの地にやって来ました。



都会で暮らし、何不自由なく育ってきたわがまま娘は、

おしゃれもショッピングも興味な…、いや、大好き!

すぐ近くには何でもある!欲しいものは絶対買う!、

もはや本当に欲しいかなんてわからない!けどか~わ~い~い~!買うっ! …


そんな私でしたが、


一度出会って以来、完全に魅かれてしまったのです。





北海道の農業に!



それはまさに圧巻のスケール。


踏み込めば誰しも、食の原点を思い知らされます。





便利に埋もれてていいのかな。

本当の豊かさってなんだろう。


そうだ、農を感じて暮らしたい。


そんな気持ちが、北海道深川市へとつながりました。




人口は約2万人。

それってどれくらいなのと思ったら、

私のいた大阪和泉市は約18万人。へぇ!



広々とした豊かな大地には山もあり、川もあり、

お米がたくさん穫れます。




さぁ、住んでみよう!


どんな景色が見つかるだろう


a0356060_14532506.jpg

since 2015.1.13.

[PR]
# by tsukam_m | 2016-02-16 12:16 | 田舎暮らし | Comments(0)