もし都会で育った若者が北海道の田舎で暮らしたら。 moshikita.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

寒冷地でのオクラの露地栽培


今がシーズンの夏野菜。
トマト、なす、ピーマンなど、
栄養のある美味しい野菜がたくさんあります。

涼しい北海道の露地栽培では、
シーズンにはまだ少し早いです。

私の畑は苗の定植から1ヶ月経ちますが、
1つだけ特別にずっと気にかけている野菜があります。

それはオクラです。


オクラは熱帯原産で、高温と強い日差しを好み、
耐寒性は低いと言われています。

つまり、夏も涼しく朝晩冷えるここ北海道の露地で
上手く栽培できるかどうか不安なのです。

そのため、定植から苗野菜すべてにかけていた風よけは、
外す時期になってもオクラだけずっとかけておきました。

それから、とても暑い日、大雨の日、
やっぱり寒い日と数週間が経ち、
風よけの中を覗くと、一回り大きく成長したオクラたちがいました。

(あぁよかった…)

ひとまずとても安心しました。
風よけのおかげです。


ただ、大きく成長したおかげで風よけに葉が当たっており、
窮屈そうになってきました。

日中は風よけを外しても十分にいい気温ですが、
朝晩が心配です。


悩んだ末、天気の続く今週、
外すことにしました。

a0356060_11043797.jpg

囲うものがなくなって、日差しをめいっぱい浴びられます。

けれどもやはり朝晩は囲った方がいいのでしょうか><
外してから、なんだか心配になってきました。

調べると、オクラの生育適温は20℃以上のようです。
日中は外して夜だけかけようか…?

あ!
一回り大きい風よけを作ろうか?


((追記))

夕方、一回り大きい風よけ作って来ました!

a0356060_15091042.jpg

4枚の肥料袋を切り開きつなげました。

継ぎ目は、谷折りにした端っこどうしを合わせ、
縦に何か所かホチキスで留め、すべて内側にします。
6か所の棒でピンと張ると隙間なく作れました。

とりあえずできた~

でも、1苗1つの風よけに比べ4倍の空間になったことで、
保温効果が薄れそうな気がしてきました。
高さは変わらないのでなおさら、
スカスカ・スースー感が否めません。

これは…ビニールハウスにするしかないのでは?!

透明であれば屋根を付けてもいいはずです。
しかしビニールがすぐに調達できず、
今夜の冷えでいっぺんに弱ってもいけないので、

a0356060_15091549.jpg

緊急策です(笑)

母が縫ってくれた何でもカバーがこんなところでも役立ちました<(_ _)>
車で使っていたものを急きょかぶせ結びましたが、
明日の朝には外して替えます。

透明ビニール?不織布?
屋根はなくてもいいものでしょうか?

オクラを守りたい一心です。




[PR]
by tsukam_m | 2016-07-07 11:53 | 農業女子